噺家の東村山
0

     この秋に、落語協会から新真打3人が誕生します。柳亭こみち、古今亭志ん五、桂三木助の三師匠です。ところで、このうち、柳亭こみち師匠が東村山出身、古今亭志ん五師匠が東村山在住なのです。東村山といえば「志村けん」ばかりが有名でした。いま、「噺家の東村山」なのです!

     東村山市議会はこの快挙を受けて、東村山市営寄席の建設運営を企画。貧乏市の財政をめぐって市民を二分する騒動に進展、街をあげて大騒ぎ・・・ということは、どうも全然ないのですが、それにしてもすごいことです。

     

     柳亭こみち師匠は、2003年2月に柳亭燕路師匠に入門。そのころ私は、柳家小三治師匠門下で燕路師匠の兄弟子に当たる、柳家喜多八師匠を追っかけていまして、三田のお寺の喜多八師定例会に毎月出かけていました。その会に、元気な女性前座が出ていて、珍しいなあと思ったのです。

     2004年10月のこと、東村山の新築のお宅に、造園の打合せにうかがいました。奥様のお父上が、黒澤映画に出演されていた名優で、その血筋なのか、大学を出て出版社に勤めていた娘さんが、噺家の前座修行をしていると伺って、あっ、あの前座さん!!と、この符合にびっくりしました。

     

     

     先日、真打昇進祝いのパーティーにお招きいただき、僭越ながら出席いたしました。400人近い人がお祝いに駆け付け、温かな、いい会でした。入門からはや15年。ついに真打ちです。師匠と呼ばれる立場です。男社会の落語業界の中で、勉強熱心で、何事にも正面から全力で取り組む姿勢が、篤い人望を集めています。その間に、結婚、二子の出産、子育てをしながらの快挙です。お母さん真打は、初めてではないでしょうか。うちにも、お母さん植木屋が一人います。なににせよ、両立は大変なことです。柳派の正統古典落語を、女性目線で演出しています。

     

     ちょうど昨年のいまごろです。剪定作業にうかがった、東村山市内のお宅で奥様が、「うちの義理の息子が噺家なのよ」とおっしゃるので、これまた、たまげました。古今亭志ん五師匠のことです。敷地内に2棟たっている奥のお宅にお住まいだそうで、よく着物で歩いているので、近所で目立つんだとか。夕方、洋服で出てこられましたが、なんとなくふつうの商売にないフラがあるなあと感じました。

     古今亭志ん五師匠は、大学卒業後、2003年2月、先代志ん五師匠に入門。2010年に先代が61歳で死去されて、古今亭志ん橋門下に移籍。そして今回、先代の名を引き継いで、真打昇進です。なんと、わたしの大学の後輩でもありました。古今亭らしい、やわらかで確かな口跡がいいですね。

     

     桂三木助師匠は、祖父が「芝浜」で売った昭和の名人、三代目三木助、叔父が四代目三木助です。イケメンっぷりが、そっくりですね。

     

     それにしても、新真打3人のうち、2人のご実家が、私どものお客さまということも、すごいではないですか。

     

     この3真打昇進襲名披露興行が、まもなく9月21日から、上野鈴本演芸場を皮切りに国立演芸場まで50日開催されます。一般興行とちがって、お披露目があって、華やかな席です。

     どうぞみなさま、お出かけください。

     

    文責・藤本邦彦

    | 落語・演芸 | 20:06 | comments(0) | - |
    秋の気配
    0

       いつの間にやら、彼岸花が花茎を伸ばして咲き、庭の柿の実も色づき始めました。

      まだ日差しが強い日もありますが、吹く風に秋の気配を感じられるようになりました。

       

       8月中、我が家の小さなブルーベリーの木は、毎週のように青紫色に実が熟したくさん収穫できました。

      子供たちは庭で洗ってそのまま口に入れたり、クリームチーズと混ぜてマフィンを焼いたり、砂糖と煮てジャムにしたりと、長い期間いろいろと楽しめました。

       畑や森のない住宅地に住んでいると、自分で収穫した作物を食べるということがとても豊かで特別のことに感じます。

      小さな喜びですが、身近に植物や庭があることに感謝したくなります。

       

       ブルーベリーの木は、大きくなりすぎず、スズランのような白い花も、透き通るような新緑も、鮮やかな紅葉も美しいので、庭木におすすめです。

      ツツジ科ですので酸性土壌、水はけのいい土を好みます。

      乾燥や過湿には弱いので水やりや植える場所には注意が必要ですが、露地栽培の場合はほとんど問題がありません。

      病虫害にも強いので、農薬を使う必要がなく家庭で栽培するには安心です。

      大きくわけると、ハイブッシュ系とラビットアイ系の系統があり、ハイブッシュ系は自家受粉性が強く、ラビットアイ系は自家受粉性が弱いので違う品種を二本以上植えると実つきがよくなるようです。

       

       庭で果樹を育ててみたいけど、大きくなりすぎる木や手間のかかる木、虫のつく木はダメ...、と考えている方は、ブルーベリーを植えてみてはいかがでしょうか。

       

       これからの季節、心地よい涼しい風と秋の実りをしっかり味わって、夏の疲れを癒したいですね。

       

       文・小川祐子
       

      | 植物 | 08:55 | comments(0) | - |
      呼吸についてあれこれと その4(最終回)
      0

        呼吸についてあれこれと 4

         

        前回は説明が多くなってしまいましたが、第4回、最終回はすぐに具体的な話に入ります。

        「いい呼吸を日常生活(非日常も)に活かしていく、取り入れていく」私が実践していることをお伝えします。

         

        台所編

        ・キャベツの千切り  よく研いである包丁で細ーくトントントンとリズミカルに切れると気持ちいいですよね。そこで、深く息を吸い込んでゆっくり吐きながらトントントン。息が無くなって吸うタイミングでキャベツを抑えている手をずらして持ち替え、またゆっくり吐きながらトントントン。この繰り返し。どうですか?無駄な力が入らず、リラックスして楽しく美しい千切りの完成です。

         

        ・魚のさくを刺身に  これもよく切れる刺身包丁があれば最高ですね。残念ながら私は持っていないので、牛刀で代用しています…。刃元を魚にあてながら息を吸い、吐きながらスーッと包丁を引き、一気に刃先まで。また刃元を魚にあてながら息を吸い、の繰り返し。包丁の持ち方のコツは人差し指を包丁の嶺にあて、そこに軽く力を集め、あとはすべてリラックス。美味しい刺身の出来上がり。

         

        ・コーヒーを入れる  ペーパードリップ、いろんな入れ方がありますね。お湯の温度、蒸らしの落とし方(点滴?それとも一気に?)、お湯を落とす量やスピード、時間…、私は18歳から37年間、ほぼ毎日コーヒーを入れていますが、未だに試行錯誤の繰り返しです。しかし!いずれにせよ、集中してお湯を細口のやかんから落とすとき、まずたっぷりいい息を吸って、ゆっくり息を吐きながらお湯を落としていくと、割と思い通りに狙ったところへ狙った量だけ落とすことが出来ます。きれいな泡のドームができて、雑味の無いおいしいコーヒーが入れば、朝からルンルンです。

         

        そうなんです。いい息を吸って、それを意識的に吐くと、吐いているときの身体の状態はとてもリラックスしているのです。余分な力は全くと言っていい程入っていないはずです。勿論、息を吐くための筋肉(腹筋など)は使っていますが。息を止めて踏ん張れば、一瞬の力は出ますが、その状態でキャベツの千切りはできませんよね。

         

        掃除編 

        ・熊手 細かい動きだとそんなに呼吸を気にしなくても良さそうですが、たくさんの落葉などを集める時などは熊手を手が伸びるギリギリまで遠くに持っていき、一気に手前に寄せると2メートルくらいは掃けます。(もちろん熊手の幅だけですが)遠くに熊手を持っていく時に息を吸い、手前に掃く時に息をスーーッと吐きます。横にずれながら繰り返すと見る見るうちに落葉だらけだったのがきれいに。(でもまたすぐに落ちてくるけど…)

         

        ・鍋の焦げとり いろんな研磨剤やスポンジを使ってとにかくひたすらゴシゴシですよね。その時、あまりにも力を入れすぎて息が止まったままでこすっていませんか?指先も体もすぐに疲れちゃいますね。そこで、ゆったりと深い呼吸をしながら(もちろんゆっくり吐きながら)こすり、息を深く吸う時に手を休め、を繰り返すと長続きします。

         

         

        植木屋編 (やっとこの話題に!) 

        ・刈込み  刈込みばさみ(両手で持つ柄の長いやつです)で生け垣や玉ものを刈込む時に、息を吐きながら刈込み、手前に戻す時に息を深く吸う、の繰り返し。いいリズムできれいに刈れます。

         

        ・のこ引き  太い枝などをのこで落とすときに、息を吐きながら切っていき、無くなったら、押すタイミングの時に息を吸う、の繰り返し。

         

        ・刈り払い機  腰を使って体を左にねじりながら刈っていきますが、これも刈る時に息を吐き、戻す時に吸う、の繰り返し。

         

        ・トリマー  長い生け垣などを綺麗に早く刈込む機械。同じく、刈る時に息を吐き、戻す時に吸います。

         

        ※松の手入れや雑木の剪定などは残念ながら手の動きと呼吸がつながらないのですが、手元の細かいしごとが多いので、時々、深〜い呼吸をゆっくりしながら体が固まらないようにしています。 

         

        番外編

        ・筋トレ 負荷をかけている時にフーッと息を吐く。例えば腹筋を鍛えるのは、寝て、体を起こす時に息を吐き、もとに戻す(寝っ転がる)ときに自然に息が入ってくる、の繰り返し。腹筋に負荷をかける時に喉に力が入らないことを意識すると、これはうたうときの腹筋と喉とのいい関係につながります。お腹にパンチされることを想像すると、一瞬腹筋にぐっと力を入れますね。その時多分、喉もウッとつまっていると思います。うたうときはこんな風に喉に力が入ると良くないのです。

         

        ・バイクで気持ちよく曲がる  コーヒーと同じく18歳から乗りつづけていますが、最高に気持ちよくコーナリングできるのは年に数回くらい。奥が深くて、これだからいつまでもやめられません。 

        コーナーの手前でブレーキング、同時に回転を合わせながらシフトダウン。この時息を吸って…、コーナーの出口をしっかりにらみながら息をフーーッと吐き、アクセルを開けバイクに全体重を預けると、バイクはスッと倒れ込み、後ろタイヤに荷重がぐっとかかって気持ちよくコーナーを抜けられます。

        つづら折りのワインディングロードは、積極的に、吸う→吐くを繰り返すとリズミカルに走れます。

        これは自転車でも試せますが、息を吐いた時の倒れ過ぎ、転倒に注意!

         

        ・気持ちよくうたう  いい姿勢でいい場所にたっぷりといい息が入れば、あとはそれを気持ちよく流しながら声をのせていく、想いをのせていく。

        無理に吸おうとせず、しっかり使えば(吐けば)自然とたっぷり空気は入ってくる。

        息の吸い方、流し方で出てくる音楽は変わってきますが、どうするにせよ、「息がながれている」ことがとても大切なこと。

         

        ここまでおつき合いくださった方々、ほんとうにありがとうございます。是非、もう一度その1やその3を読み返していただいて、気持ちのいい呼吸を自分のものにし、生活の中に取り入れてみてください。

        少しだけ新しい景色が見えてくるかもしれません。

         

        (文責 名和田俊二)

         

        | 音楽 | 12:30 | comments(1) | - |
        呼吸についてあれこれと その3
        0

           

          呼吸についてのあれこれ、前回はかなり脱線してしまいました…。

          第3回は40年近くの実践の中から「意識的にいい呼吸をするのにこれはいいかも」と思っていることをいくつか書いてみます。まだまだ答えが出ているわけではありませんが。

           

          いきなり本題です。

          とにかくまず、大切なことは、自分の身体や体の中の構造を知ることです。

          全身の骨格はどうなっているのか、肋骨の形は?脊柱の位置や大きさ、カーブのしかたは?肺や横隔膜は?

          10年くらい前に「ボディ・マッピングとアレクサンダー・テクニック」に出会い、自分の身体を正確に知る、ということがとても大切だと実感しました。(自己流にかじっただけですが)

           

          例えば、肋骨や肺は正面(前側)はイメージしやすいですが、わきから背中にかけてどうなっているか想像できますか?実は、肋骨や肺は背中側(後ろ側)の方が正面よりもずっと大きいのです。

          また、肺と内蔵の境になっているのが横隔膜。ということはこれも前だけじゃなく、背中のほうまでぐるっとドーム状にあります。

          深呼吸をするのに背中の方まで肺がある、ということを意識するだけできっと、その呼吸はより深く、たっぷりと吸えると思います。(ぜひやってみて下さい)

          脊柱(いわいる背骨)のカーブはどんなカーブ?また、骨盤の近くにある脊柱(腰椎)ひとつはどのくらいの大きさ?

          一番大きな骨(椎骨)の厚さは何と、身体の前後の厚み(健康診断でメタボかどうか計るとこ!あたり)の2分の1もあるのです。どうでしょう?多分、思ったよりずいぶん大きいと思います。

           

          ここまで読んで骨に興味をもたれた方は、ネットで検索してみてください。

          脊柱と骨盤、椎骨、脊柱のカーブ、横隔膜…、画像で検索すると色々出て来て、ずいぶんイメージしやすくなると思います。もちろん、学校の理科準備室や保健室にある実物大のガイコツは最高です。見て、触れて…。だけど、出会うのはなかなか難しいですよね。(私は教員時代、理科教員に新しいのを買って、古いのを譲ってもらうようお願いしたのですが無理でした)

           

          大まかな骨格がイメージできたら、バランスのとれた正しい姿勢をつくります。

          超簡単にまとめると「骨にささえてもらう」ということです。顔から足先まで、どこかしらの筋肉が無駄な緊張をしていないか確かめるのです。体を骨の上で自然にあるがままにさせているのが良いのです。出来るだけ手抜きをし、楽をするのが実は正しい姿勢です。(猫背になったり、必要以上に胸を張ったりするとどこかの筋肉が緊張し、働いているのが分かると思います)

          …とはいえ、「ちゃんと立つ」ことはそう簡単には見つからないと思います。(ごめんなさい)でも、自分の身体や体の中の構造を知ることは、日常生活すべてにおいて繋がっていることだし、難しくても、「大切なんだ」ということをお伝えしたかったのです。

           

          さて、呼吸の話です!

          何となく上半身の身体の構造が少しわかったら、腹式呼吸だろうが、いい呼吸だろうが、とにかく息は「肺にしか入らない!」ということはおわかりだと思います。

          いわゆる腹式呼吸をすると、お腹や脇、腰などが膨らむのは、そこに空気が入るわけではなく、横隔膜に押された内臓が行き場を失い、下や外に向かって動くので、膨らんで見えるのですね。

           

          問題はどんな息が、肺のどの辺りに入るか、ということなのです。

          短距離走をすると、ゴールした後、肩でハァハァと息をしますね。(昔のことを思い出してください)これは不自然な、浅く、荒い息です。「肩で息をする」とも言いますね。

          これは、いい呼吸とは真反対の呼吸です。

          意識してするいい呼吸は、たっぷりと肺の隅から隅まで(前も背中も、上から下まで)満遍なく空気が入って、それをゆったり吐き出す。ということを無駄な力を使わずに行うことだと思います。

           

          まず、ゆっくり、ゆったりと「ふーーーーっ」と息を吐いてみましょう。

          空気の力でほっぺたが軽くふくらむ感じで口先をやわらかく丸くするといいですよ。

          ここで気をつけて欲しいことは、姿勢。頭から首、肩、背骨、骨盤、膝、そして足の裏。

          地球の中心に向かってきれいに積み上がっていて、どこも筋肉で支えていないこと。

          何だか5才くらい若返ったような気分になってきたかもしれませんね!

          そうすると、割と胸の肋骨は上や横に向かって開いている感じがわかると思います。

          息を吐くとき、いい姿勢と胸の状態が落っこちない(しぼなない)ことだけは気にして下さいね。

          →それが出来たら(できたと思ったら!)しっかり息を吐き切って下さい。もちろん、いい姿勢のままで。

          →そしたらそのまま口を閉じて、息を吐くのに使っていた力を抜いてみて下さい。(姿勢はそのまま。全身を脱力しちゃうとこんにゃくみたいにふにゃふにゃになっちゃいます!)→あら不思議!何もしないのに、肺の深〜いところまで、たっぷりと空気が入ってきました!(もちろん、鼻から。残念ながら鼻が詰まり気味の人は、口を閉じないで同じことをしてみて下さい。口と鼻から空気が入っていくはずです)

           

          そうなんです。いい姿勢で、しっかり息を吐ききれば、自然と息は深〜く入ってくるのです。無理やり吸おうとすればするほど力を使い、浅い息しか入りません。

           

          ここまで書いてひらめいたのですが、泳いでいるときの呼吸は正にこの呼吸ですね。

          水の中でブクブクとしっかり息を吐いて、顔を水からだし、口を開けるだけで何もしなくても空気が入ってきますね。(この場合は鼻からは吸えませんが)

          逆に、無理に吸おうとすると疲れたり、水を飲んで溺れそうになったりしますよね。

          体は水に浮いているし、寝そべっている姿勢なのでよけいにいい呼吸がしやすいのかもしれませんね。(私はもう何年も泳いでいないのでイメージですが)

           

          最後にもう一つ大切なことを。

          ゆっくりと息を吐いている時に、背骨を意識して欲しいのです。

          それは、“息を吐いていると背骨は上下に伸びていく!”

          ということ。

          だから、吐き切った時が一番伸びた状態。そして力を抜いて空気が入ってくる時が一番縮んでいる状態なのです。

          具体的には骨同士を繋いでいる椎間板が伸び縮みしています。一つひとつの動きは小さくても背骨全体だと1センチくらいは動くそうです。

          でも、もっともっと伸び縮みしているとイメージしながら呼吸するのがいいですよ。

          ちなみに、私の前回の健康診断、身長を測るのに、しっかり息を吐き切って測定してもらったら、7ミリも!伸びていました。嬉しかったなあ。(いくつになっても1ミリでも高い結果を出したいと思うのはなんとも笑っちゃいますね…)

           

          ずいぶん長くなりましたがそろそろ閉じます。

          説明が多くなってしまいましたが、私が今考えている「いい呼吸をする」ことを書いてみました。

          少しでもイメージできたり、発見があったりするといいですね。

           

          いよいよ次回が最終回。第4回は実践編です。

          「いい呼吸をいかにして日常生活に生かしていくか」

          私がいろいろ試していることを書いてみます。

           

          (文責  名和田俊二)

           

           

           

           


           

          | 音楽 | 23:13 | comments(0) | - |
          呼吸についてあれこれと その2
          0

             

            呼吸についてのあれこれ、2回目は腹式呼吸をマスターする(しつつある)のに私が40年近くさまよってきた歩みを書いてみます。(あくまで読み物です!)たくさん脱線しそうな予感がしますがつき合っていただけると嬉しいです。

             

            16歳、高2になる春休み、「音大にいきたい!」ことを宣言、そこからの高校生活は激変したのでした。当時、音大を受験するには様々な音楽に関する勉強が必要で、週3回、3人の先生のレッスンに通うことになりました。ピアノ、声楽、音楽理論、音楽史、聴音

            (聴いた音をその場で楽譜へ書く)、新曲視唱(その場で初見で歌う)…、その当時は音大の受験は3、4日もかかりました。

             

            一番困ったのが「声楽」。歌うことはずっと好きで、小学生のころはウクレレ片手に歌い、中高はギターやピアノで弾き語りをしてたのですが、どうもクラッシックの発声で歌うのがうまくいかないのです。いわゆる「ベルカント唱法(声を響かせ、マイクなしでも大きい声もちっちゃな声もよくとどく歌声)」がいつまでたってもしっくりこないのでした。

             

            レッスンに行くと(そういえば道中のバスの中で必ずヴィックスを舐めてました)まず、呼吸(ブレス)の練習。立って、先生が手をポンと叩いたらお腹に息を入れ、その後「スーーッ」と息を吐く。8拍(1拍1秒くらい)、12拍、16拍、とだんだん吐く時間が伸び、そのうちくらくらとして目の前が真っ暗になりそうに…。

            苦しくても音大受験のため、と踏ん張り、その中から、横隔膜を下げればお腹に息が入る(お腹がふくらむ)というのを自分なりに考え、実践してました。とにかく、ブレスを取るときは胸は動かないようにお腹に入れることだけを考え、歌ってました。

             

            一年浪人し、無事音大へ。新しい先生は、また違うことを要求します。

            「息は腰に入れろ」とか、「それでも足りないならお尻を通って足先まで空気を入れろ」とか…。2年目に破門!され、また新しい先生につきました。とても素晴らしい先生でベルカントの発声フォームをみっちりとレッスンしていただきましたが、残念ながら腹式呼吸のことはあまりなかった気がします。(出来てることが前提だったのかも)

             

            卒業してすぐに音楽教員になり、平行して学生の頃からやっていた合唱指導や作、編曲、そしてうたったりしてました。その28年の間、いつだって気にしていたことが、「自然な発声でうたいたい。うたってもらいたい」ということでした。そのためにはとにかく「呼吸」のこと。いかにいい息を吸って、気持ちよく吐けるか。

            たくさんアンテナを張り、腹式呼吸をマスターするのに良さそうだと思ったことを見つけては、自分でやってみたり、生徒や合唱団の人に試してみたりのくりかえし。様々な人体実験につき合ってもらいました。(これは教員や指導者じゃないとなかなか出来ないこと。たくさんの人につき合っていただきました。ありがたや。この場を借りて御礼申し上げます…)

             

            音楽教員を辞め、「音楽する植木職人」として5年目の今、やっと「こんな感じはいいかも」と思えることがいくつかあります。

            次回は出来るだけ脱線せず!いよいよ腹式呼吸はこうすればうまくいくかも。という話です。

            お楽しみに。(してくれるといいなあ)

            (文責 名和田)

             

            | 音楽 | 09:04 | comments(1) | - |
            << | 2/28PAGES | >>