CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< ミノムシ | main | 暑中お見舞い申し上げます >>
エゴノネコアシは、本物か?
0

     トビモンオオエダシャクというシャクトリムシ最大の8センチくらいの尺取虫がいます。こいつは最後尾のかぎづめでしっかり枝をつかんで直立して小枝を擬態しています。全身筋肉なので硬く枝そっくりに見えます。しかしつかまえるとさすがに身をよじって暴れます。頭に大きな三角の突起が二つあって、ネコの顔にそっくりでなかなか笑えます。

     先日も見つけて弊社の新人女子に見せびらかすと「またですか、もう見飽きました」とのつれない反応。ぜったいそんなに見せてはいないはずだと思うんですが、あまり強要すると「インセクト・ハラスメント」と言われそうですから・・・

     しかし彼女の特技は、チャドクガに耐性があることが最近分かりました。若い女子にしては比較的虫は平気みたいです。

     しからばこいつはどうでしょう?

     

     

     写真は、エゴノキの実です。昔から子供がよく遊んだ実なのでいろんな地方名があるそうです。長野県では「シャボンの木」といっていました。アルカリ性で石鹸の代用にしたり、魚毒性があるので魚取りに使ったりしました。

     きれいな丸のものが正常な実です。袋状に分かれたものが同じ実に「エゴノネコアシアブラムシ」が寄生して自分たちの住処に仕立てたもので、中にアブラムシが安全にぬくぬくと住んでいるのです。とても同じものだとは思えませんね。不思議です。

     それにしても「エゴノネコアシ」とはうまくつけたものです。昔の人は名づけの天才ですね。下の写真が、本物のネコアシ、前足の指です。確かに似ていますね。

     

       

    弊社女子社員には、明日写真でみせたろうと思っています。

    文責・藤本邦彦

    | 生きもの | 21:28 | comments(0) | - |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 21:28 | - | - |
      コメント
      コメントする