CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 大きな毛虫のことなど | main | エゴノネコアシは、本物か? >>
ミノムシ
1
5月の初め、我が家の狭いベランダで育てているいくつかの植木にミノムシが大量発生しました。発見当初は、それぞれ違うミノに面白いなと感心し、なんだか可愛いなとさえ思っていました。ミノムシについて色々と調べてみると、メスはミノから一生でないなど、なんだか変わった不思議な生態です。そして今では寄生虫などが原因で絶滅危惧種だとのことです。しかし我が家のベランダでは毎朝起きるたび、『昨日と違うミノムシがいる!』と、かわいいとは思えないほど増えていました。つまんでは取って、つまんでは取って、、、毎日ミノムシチェックです。

鉢植えの植木は限られた土しかないので成長もゆっくりで枝葉も少なめです。冬からやっと春になり、新芽が出始め「新緑がきれいだな〜」と思っていたのもつかの間で、出たての葉っぱがどんどんミノに変わっていきます。。鉢植えも大事ですし、絶滅危惧種のミノムシも大事にしたい気持ちをかかえながら毎日のように格闘しました。5月の初めから2ヶ月ほど経ち、ようやくミノムシの数も落ち着き、今は3匹ほどの様子をみています。観察していると、ミノムシが移動している姿を初めて見ることができました。のっそのっそと枯葉や枝や小石でできたミノが重そうで大変そうです。ヤドカリに少し似ていますかね。(ご興味ある方は検索して下さい。)


↑6月中旬頃。小石もつけてます。
↑7月初旬。特大です。5センチほどあります。

文・森井
| 生きもの | 15:13 | comments(1) | - |
スポンサーサイト
0
    | - | 15:13 | - | - |
    コメント
    ミノが大きいですね&#8478;。
    あまり見かけないような気がする。
    たぶんニトベミノガではないかと。
    方面の葉っぱが大きいのが特徴。
    メスは一生をミノの中で過ごすそうで、変わった生態ですね
    | 六隠居 | 2020/07/10 8:42 PM |
    コメントする