CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 新人ごあいさつと、暑中お見舞い | main | 秋の音色、バンドネオン >>
「季語百話」高橋睦郎著
0

     

     久しぶりに、すばらしい本に出合いました。

     高橋睦郎著 中公新書 「季語百話 花をひろう」です。

     

     

     「もとより暦は稲作とともに大陸から輸入され、国家による国民の統制のために、根強く浸透させられたもので、中国内陸部の気候に合わせた暦は、日本の風土とは異なっている。そこでかえって日本の祖先は季節に対して、師匠の中国人より季節に過敏になったのではないか。

     中国渡来の花は、菊、梅だったがやがて日本人は、自前の桜をめでるようになった。それから様々な草木の花、そこに寄ってくる鳥獣虫魚、そして人間にも目を向けるようになったのだ。

     季語というもの、和歌や俳句という日本の短詩に欠かせない。日本は温暖で四季が明確で、日本人は四季に敏感だとされる。だが本当だろうか?自然破壊のすすむ現在、季語は私たちが日本人であること、いや、人間であること、生物の一員であることの最後の砦である」

     

     前書きでこんなことをおっしゃっています。

     春、夏、秋、冬、新年に分けて百の季語を取り上げています。

     一項目につき季語の解説と、万葉集など先人の和歌から俳句の紹介。新書の見開き2ページ、あっという間に読めそうな千字足らずのなかに、近現代詩、漢詩、西洋文学、ギリシア神話、東洋史、植物、昆虫学、民俗学、民族学までをも視野に収める博覧強記にただ感服します。アンソロジーなのですぐに読めそうなのに、和歌の古語がなかなか読みくだせないのとその奥深さに、読破に時間がかかってしまいました。

     

     極めつけは、新年の項の「餅」。

    「花に飾りの意味があるならば、正月の花の代表は鏡餅ではあるまいか。一説に鏡餅のモチは望月のモチともいう。そして色は雪白。ということは、一つに月・雪・花を兼ねているということである。これを花の中の花といわず、何といおう」

     

     いや。恐れ入りました。鏡餅もが花であるとは!!

     「花は、植物は、すべての生命、さらに非生命、無を含めたありとあらゆるものは美しい。その美を讃えるために、季語はある。そして、季語の代表は、いみじくも能楽の大成者世阿弥が美の最高の境地を花の一語で示したように、花なのである」

     

     著者はただの詩人ではないです。

     先生に触発されて、ちゃんと読まなくてはと誓ったもの、朔太郎、犀星、万葉集、雨月物語などなど。

     ちゃんと読んでないもののなんと多すぎる事か・・・いまから取り返しはつかないと思いますが、がんばってみます。

     

    文責・藤本邦彦

     

     

     

    | 映画・本 | 21:36 | comments(2) | - |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 21:36 | - | - |
      コメント
      私も読んでみます。これまで風景写真ばかりだったのですが、今年は何故か沖縄は蝶の当たり年。そこかしこで撮影する傍ら、併せて植生についても勉強しなければと思っています。
      | chacha03 | 2019/08/18 3:29 PM |
      蝶ですか!
      また、奥が深いですね。成虫の美しさ、種類の多さはもちろんのこと、幼虫の種類、生態、食草など調べだしたらきりがないですね。
      いい写真を、期待しています。
      | フジモトクニヒコ | 2019/08/19 10:04 PM |
      コメントする