CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 初物をいただきました! | main | ササが咲けば、桶屋が儲かる >>
衝撃の映画
0

    最近見たドキュメンタリー映画がいろんな意味で衝撃的だった。

     

    三上智恵、大矢英代監督 「沖縄スパイ戦史」

     

    ほとんどはたくさんの当事者へのインタビューで構成され、次第に一本の線につながっていく、そんな映画だった。

     

    第2次世界大戦末期、唯一日本で一般住民を巻き込んだ地上戦が行われた沖縄戦。米軍が上陸し20万人余りが命を落とした恐ろしい出来事。

    私は植木屋になる前、何度も沖縄に行き、様々な場所で沖縄戦の爪跡へ出向いた。そして多くの学生を連れてひめゆり学徒隊の話を聴いたり、ガマの中に入ったりして一緒に学び、感じ、考えてきたつもりだった。ただ、それらは全て、沖縄本島の中部から南部にかけてのことで、北部はそれほどでもなかった、という認識だった。

     

    だが、そうではなかった…。

    戦後、70年以上語られることのなかった沖縄本島北部での「秘密戦」の数々。ゲリラ戦やスパイ戦、そして住民同士のスパイ虐殺…。

     

    …スパイ教育を受けた「陸軍中野学校」出身のエリート青年将校(北部に行った二人は22歳!)が少年ゲリラ兵を育て、戦場へと向かわせる。またこれは本土決戦の予行演習でもあった。

    …爆弾を背負って米軍の戦車に突っ込んで行く時、(幸いこの方は突っ込まず、生き延びた)10代半ばの少年ゲリラ兵は「生まれて来なければよかった。生まれなければ母親を悲しませずに済んだのに」と語った。

    …ゲリラ兵は結束を固める為、同じ村、同じ集落の幼なじみでグループを作った。また、優秀な子供だけを選抜し、そのために加担したのはそれぞれの村の代表や教員!だった。

    …八重山諸島の人たちは日本軍の都合で強制移住させられ、マラリア地獄となる。

    …本島最北端の村で起きた住民同士のスパイ虐殺。兄を殺された方は2年前にはじめて口を開き、その事実が明らかになる。殺してしまった方が亡くなってやっと語ることが出来たのだ。どちらも70年以上その事実を抱えながら同じ小さな村で生きてきたことは想像に絶する。

     

    たくさんの知らなかったこと、知らされなかったことも衝撃だったが、違う意味で衝撃だったこと、それは…、

     

    自然豊かな北部、いわゆる「やんばる」と呼ばれるところへ私は何度も行った。それはある意味では戦争を感じることなく、思いっきり自然を感じ味わうため。また、生活は苦しくても人間らしい、豊かな生活をつくられているオジイやオバアに会いに行くため。これらのことは自分の生き方を考えさせてくれた。(7年前から植木屋と音楽の二足のわらじで歩いていますが、その決断をしたのも学生と一緒にやんばるに行った旅が大きいのです)

    そのやんばるの山の中での74年前にあった出来事、そして、たくさんの楽しい話をして下さったオジイやオバアが沖縄北部での「裏の戦争」を体験していた、という事実。

    全てを受け入れてくれるようなオジイやオバアの包容力や優しさは、74年前の体験をくぐり抜け、生き延びて、大自然の中で日常をつくってこられたからかもしれない、と今、感じている。

     

    東村山中央公民館での1日だけの上映はたくさんの人が観に来られていたが、その中にあの戦争を体験されたであろうおじいちゃんおばあちゃんがたくさんいらっしゃったこともとても衝撃を受けた。わざわざしんどい思いをして観なくても…、と思うが、同世代を生きてきた沖縄の人たちの思いを少しでも共有したい、ということだったのか。

     

    大変な映画だが、是非若い人たちに観て、感じて欲しい。思想や宗教、人種などを超えて、「自分とは違う」ことを認め合いながら新しい世界をつくっていくためにも、オジイ、オバアの口を開いた勇気や意味、思いを受け取る責任があると感じている。

     

    文責 名和田俊二

     

     


     

    iPhoneから送信

    | 映画・本 | 01:39 | comments(1) | - |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 01:39 | - | - |
      コメント
      わたしもあの映画をみました。
      戦争が本当に怖いのは、一般国民が真っ先に巻き込まれるからですね。
      軍隊の守るのは国体という権力構造であって、自衛隊というと国民を守ってくれそうですが本質は全く同じです。国民同士を監視させいがみ合わせ、使えそうな優秀な少年は兵隊に徴用していくというやり方は変わらないと聞いて暗然としました。
      戦争だけはぜったい避けなければなりません。戦争を志向する人間に権力を持たせてはいけません
      | のりやのばあさん | 2019/07/08 8:14 AM |
      コメントする