CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< たまろくと人図鑑 | main | ユスラウメの病気 >>
湘南に昭和を見た!
0

     

     横須賀に行きました。あるお客さまが杉並から横須賀の湘南鷹取に引越されるので、鉢や植木の引っ越しをしてほしいといわれ、お引き受けした次第です。

     横須賀とか湘南とか、私にいちばん不似合いな街です。なぜというに、山育ちでマリンスポーツなどまったく無縁、サザンオールスターズにも無関心、おしゃれな感じが近づきがたく、まったく足の向かない地域です。

     東村山を出発して府中街道、多摩川沿線道路から川崎を抜けて第3京浜に乗り、なんだか頻繁に現れる料金所にむかつきながら横横道路を下りて、横須賀街道を南下。京浜急行の追浜駅を通過した左手アーケード上に、「そよ風食堂」なる看板を見つけて、昼飯は何がなんでもここだと固く誓ったのであります。ものすごくそそられます。

     

     

     

     お客さま宅から歩くこと10分、「そよ風食堂」に行ってみました。アーケード上の看板の様子がまず、いいですね。書体といい、ブリキの感じ、赤字でたばことかいてあるのもいい。「そよ風」というネーミングセンスにやられました。

     中は20席くらいで、70代の老夫婦がやっておられる。間もなく「令和」だそうですが、ここはもう昭和の時間がそのまま止まっているのです。

     メニューは豊富で、おすすめ定食が、和、洋、中華から選べる。それぞれ800円くらい。私は迷ったあげくラーメン半チャーハンセットにしました。懐かしい東京の中華そばってラーメンです。ラーメンをすすっていると、「たばこをちょうだい」と、外からお客さん。「これ出してから行くから、ちょっとまってて」と、おばあちゃんの客あしらいがまたいい。

     隣の席の、二人連れの片割れ、車いすの80代とおぼしきご老女が、昼からマグロブツでジョッキビールをうまそうに召し上がっていて、うらやましかった。

     外に出ると、標高3メーターという標識にびびった。海は好きだけど怖いのです。横須賀街道のはす向かい京浜急行の線路側には、間口1間、四畳半くらいの飲み屋が軒を連ねていて、ここも昭和臭がぷんぷんなのです。「湘南鷹取」食わず嫌いだったけど存外気に入ったな。私のような昭和のオヤジにも優しそうだ。

     元号なんてまったく関心がないのですが、自分の人生を振り返ってみると、昭和に青春時代を過ごし、平成になると境遇が激変してもみくちゃだった。平成の終わりにまた個人的なひと悶着あり、断捨離中です。令和は少し落ち着きたいものですが、どうなりますやら。

     

    文責・藤本邦彦

     

     

     

     

    | | 20:11 | comments(2) | - |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 20:11 | - | - |
      コメント
      こうした食堂が少なくなって寂しいですね。那覇では殆どみられなくなって、沖縄の田舎で時々みかける程度になってしまいました。
      | chacha03 | 2019/04/24 11:52 PM |
      そうですか、那覇でもか。
      チェーン店ばかりの景色は、あじけないですね。
      先日[マツコの知らない世界]に、ドライブイン評論家が出てました。
      昭和のドライブインもどんどん減っているみたいですね
      p

      | フジモトクニヒコ | 2019/04/30 7:22 AM |
      コメントする