<< 猛暑はおさまり、秋が来ました。 | main |
長島有里枝さん企画展
0

     秋分の日はきらいだ。

     秋分の日はご存知のように、昼夜の時間がほぼ同じになる日で、冬至にむけてどんどん日が短くなっていくのです。太陽が真東から昇り、真西に沈む。古代の太陽信仰のころからの、自然崇拝から始まっています。真西の彼方に西方浄土があるとされ、秋分の日には浄土の門が開くとされた。それらがすべて習合して、祖先を敬い亡くなった人をしのぶ日とされています。

     それはともかくとして、お盆を過ぎると急に日暮れが早くなるような気がしているのに、秋分を過ぎると、一気に加速してまさにつるべ落とし、どんどん日が短くなっていくのです。気温はちょうどいいけれど、秋雨前線が停滞して、台風も多い。今年の台風は特に大変でしたね。

     明るいあいだ一日外で仕事をしていますと、日の長さ、雨風、気温はとくに気になります。それで、秋分の日を過ぎると、冬至に向けてなんだかだんだん憂鬱になってくるのです。仕事はどんどん詰まってくるし。春分の日は逆になんだかうれしいなあ

     

     

     そんな冬に向かう時期に、見逃せない展覧会のご案内です。

    東京都練馬区の「ちひろ美術館・東京」の企画展 11/3〜来年1月いっぱいの会期です。月曜と年末休館。

    いわさきちひろさんの生誕100年を記念した特別企画、ちひろさんと長島有里枝さんのコラボレーション展です。

    「作家で、母で 作る そだてる」 がお二人の共通テーマです。

     「つくり続けることの強さとやわらかさー記憶や身近な人との関係性を手掛かりに、自身のライフヒストリーや社会の陰に隠れてきた女性の創造性に光をあてる作品を制作してきた長島有里枝。その視点はいわさきちひろの作品と響きあいます。女性に課せられる規範と折り合いをつけながら表現をおこなう二人の生き方が交差します」

     長島有里枝さんは、わたしどものお客様さまです。長島邸に伺うと、高校生のご子息との落語談義が楽しみです。わたしどものような植木屋風情に、いつもたいへん実直に接してくださいます。作家として、母として、女性として、とっても魅力的な方ですが、それ以上に人としての真摯な生き方に感服します。

     会期が長いので、ご都合をつけてぜひいらしてください。

     

    文責・藤本邦彦

     

     

     

     

    | 美術 | 19:47 | comments(0) | - |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 19:47 | - | - |
      コメント
      コメントする