<< 今月の虫たち | main | 暑中お見舞い申しあげます。 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    セミの鳴かない夏
    0

       毎日ほんとうに暑いですね。外で仕事していますと、昼間だけで4リッターは飲んでしまいます。数人で作業していると、夕方には助手席がペットボトルでうまっています。

       東京は早々に梅雨明けしてから連日猛暑で、ほとんど雨もなくカラカラです。おかげでカは少なくて助かります。カはほんの少しの降雨で発生するものです。また、われわれの天敵ともいうべきチャドクガもなぜかとても少なくて、助かっています。なにしろ奴らがいるってえと、数日かゆくて仕事にならないのです。いまこれを書いている時点で、関東に台風が接近中です。災害にならない程度に地面を潤してくれることを切に願います。

       

       

       写真は、レモンの葉っぱに留まっている「空蝉」です。こんなに暑いのに、セミが静かだと思いませんか?ネットで検索してみると、今年は全国的にセミが少ないという報告がいくつもあがっています。セミが少ないのは大地震の前兆だなんで迷信をあおる記事も散見しますが、これはフェイクでしょう。この暑さにアブラゼミの大合唱が加わると、より暑苦しく耐え難いとは思います。それにもかかわらずあまりにも静かで、夏らしくない。夕方のヒグラシの声には哀愁を帯びた涼しさを感じるのに、ヒグラシにいたってはまったく聞かない。

       セミだけでなく、チョウや、世間の困りもののコガネムシですら少ないような気がします。

       暑くて乾いているとハチが多いと言われます。6月に3人立て続けにハチに刺されたので、これは用心しなくてはとインセクトリムーバー(虫の毒の吸出し器)を全員分買いこんだのに、その後まったく遭遇しません。

       クモも少ない。いつもですと車のなかに、ハエトリグモやアリグモが数匹すみついていていいペットになっているのにいない。カマキリの子供は少し見かける。

       こうした虫の世界の捕食者が少ないということはやはり、虫の全体量が少ないのではないか?と思うのです。どうやらこの異常気象が、虫たちを異常に減らしているのではないかと、危惧します。

       先日の最高気温のでた日、ジリジリとくる太陽に滂沱の汗。うんざりして空を見上げてみると雲もなく、チョウも鳥もトンボモ飛んでいない。セミもヒヨドリもカラスの声もない。練馬区で仕事をしていたのに、砂漠に似た無機質な無生物感に少し寒くなったのです。

       

       生物多様性はまず、虫の多様性の担保だろうと思います。

       

       猛暑がまだまだ続きそうです。みなさまどうぞご自愛ください。

       

      文責・藤本邦彦

       

      | 生きもの | 21:49 | comments(0) | - |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 21:49 | - | - |
        コメント
        コメントする