<< 『獄友』来るべきもの | main | 「まだです。」ってえのは、なんだ? >>
ルドンと、片山健
0

      絵を見ることのなかった二十代の私に、衝撃を与え、見ることへの関心に差し向けた画家がオディロン・ルドンです。ルドンは、19世紀末のフランスの画家です。「ルドンー秘密の花園」展に行きました。東京の「三菱一号館美術館」、5月20日で残念ながら、会期終了です。

     

      ルドンは、木炭やリトグラフの白黒の世界、かなり異様な初期の絵が有名です。たとえば「沼の花」。夜の沼に一輪咲いた、ホウチャクソウのような、悲しげなおぢさんの顔の花が、静かに輝いている絵は、特に知られています。美術に教養のなかった私に、興味を持たせた絵です。

     

       色彩を、きらきらとした光におきかえて表現した印象派絵画全盛の時代に、ずっと黒だけで描き続けていたのが、ルドンです。しかしながら、黒で描くということは、光と影の観察力と、比類なきデッサン力が必要です。「黒は最も本質的な色だ。精神のための働き手なのだ」 ルドンは、モノクロ画を長く修練してから、パステル画や油絵を多く発表し始めます。その発色の美しいこと。

     

     

     

      モノクロの世界から、色彩へ転身した絵本作家がいます。片山健さんです。若いころは、精緻なデッサンの細密な鉛筆画をずっとやってこられ、長男の誕生に、ありあまるパワーを感じて油絵で描き下ろした絵本「どんどん どんどん」で、一気に色の世界に転身しました。それから、油彩、水彩で数々の名作を発表しておられる、わたしの一番好きな作家です。片山さんの描く、生き物、植物のなんと生き生きとしたことか!

    「やまのかいしゃ」「たんげくん」「えんそく」など、大好きです。片山さんは、一度あった人は、絶対忘れないとおっしゃっていました。優れた画家の資質は、形の細部の記憶力なんだなと、納得したことがあります。

     

        『ルドン 私自身に』いう自伝で、こうも語ります。「暗示の芸術は、ものが夢に向かって光を放ち思想がまたそこに向かうようなものです。退廃と呼ばれようが、呼ばれまいが、そういうものです。むしろ我々の生の最高の飛翔に向かって成長し、進化する芸術、生を拡大し、その最高の支点となること、必然的な感情の高揚によって精神を支持するのが、暗示の芸術です」 これは、象徴主義といわれる流れです。ギリシャ神話の世界などを題材に、「暗示」を圧倒的なリアリティで、空想世界を精緻に、象徴的に描いた画家たちが、象徴主義の作家たちです。コンスタン・モンタルドの「天国の庭」、ポール・デルヴォーの街路樹など、巨樹に象徴的な意味を持たせて描いた画家が多くいました。

     

      ルドンは、二十歳前にアルマン・クラヴォーという植物学者と出会い、多大な影響を受けたとされます。今回の展示は「植物と装飾」という副題がついていて、人物画の傍らに立つ巨樹、華やかな花、蝶、モノクロの半分植物のような奇怪な生き物などの作品を系統的に展示しています。

    メインは三菱美術館が買い取った「グラン・ブーケ」です。2.5×1.7メーターの大画面に、青の花瓶が据えられて、零れ落ちんばかりに花々が盛られた絵です。キク科、ケシ科と思われる花は、現実になさそうな色と形。そのわきには、金色の葉の巨樹が。巨樹は信仰の対象になるくらい、精神的な支えであり、植物は、根源的な生命力を感じさせるものです。

      

      絵に描かれた植物が何で、何を暗示するものなのか、商売柄、とても気になります。

     

     

    文責・藤本邦彦

     

    | 美術 | 21:28 | comments(0) | - |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 21:28 | - | - |
      コメント
      コメントする