<< 建仁寺垣をつくりました | main |
『獄友』来るべきもの
0


    ポレポレ東中野にて絶賛公開中のドキュメンタリー映画、『獄友』を観て来ました。

    『SAYAMA みえない手錠をはずすまで』、『袴田巌 夢の間の世の中』に続く、金聖雄監督のシリーズ第3弾です。

    石川一雄さんと袴田巌さんに加え、今回は「布川事件」の桜井昌司さんと杉山卓男さん、「足利事件」の菅谷利和さんたちにもスポットが当てられます。


    映画はフリージャズのような息を飲むドラムソロで幕を開け、トランペットやベースやピアノやテルミン!などのやはりスピリチュアルな素晴らしいソロ演奏が、冤罪被害者である登場人物それぞれのシークエンスのBGMとして、当時の事件のモノクロの記録映像や写真と相まって緊張感を生みます。


    劇中の音楽を聴いていてふと、3年前に亡くなったオーネット・コールマンという音楽家のことを思い出しました。

    フリージャズなんて言うとちょっと取っ付き難いイメージがあるかも知れません。突き詰めていくと正直音楽だかなんだかよくわからなくなって、現代音楽なんかとの境界もはっきりしない部分はあるし、もとより音楽が思想云々を纏いだすと極端に詰まらなくなったりもします。

    だけどこのオーネット・コールマンらが発明したいわゆるフリージャズと呼ばれる音楽の、メロディ、コード、リズムなど西洋音楽の制約や構造からの脱却であったり、或いは当時の黒人ミュージシャンたちの人種差別への抵抗や解放への切なる願いといった表現の下地となるもの、特に南部出身のオーネットはこの問題に対する意識が強かったのかも知れませんが、そういったこの種の音楽が持つ背景や文脈、自由というものに対する姿勢が、この映画の物語のテーマと重なるところがあって、今回の作品のこの音楽的アプローチがなんだか勝手に腑に落ちたりもします。


    物語に話を戻すと、やはり皆、奪われて失われた時間に対する苦悩や葛藤をそれぞれ抱えながらも、人並みの社会生活の中で手探りで自由を求めて生きていく姿が描かれます。

    石川さんは毎日体を鍛えながら自身の無実を訴え続け、袴田さんは拘禁症と闘いながら少しずつ現実世界へと希望へと歩み出し、桜井さんは自ら作詞作曲した曲を涙しながら高らかに歌い、菅谷さんは生まれ育った街に戻り孤独と向き合いながらも法制度や権力に声を上げます。

    皆それぞれ違う街に住み新たな人生を送っているけれど、誕生日を祝いに駆けつけたり、コンサートを聴きに駆けつけたり、体調を崩したら見舞いに駆けつけたりと、情深い絆で支え合い、新たな自由やこれからの幸せを共有していこうとしている様に見えます。

    そんな彼らは皆共通して、クシャっとした屈託のない笑顔を時折みせます。

    やましさや後ろめたさなど微塵もないけれど、どこかある種の照れが見え隠れするようなそんなクシャっとした人間味溢れる笑顔がなんだか妙にこちらを惹きつけます。


    そしてエンドロールの素晴らしい大合唱大団円。映画ってやっぱりイイなぁと思わせてくれます。


    劇場を出る時、あまり若者の姿を見かけなかったのが少し気になりました。

    死刑制度と冤罪の問題、差別意識と同和問題の歴史、またメディアリテラシーについて、あらゆるメディアやSNSなどで拡散される膨大な情報の渦の中で、飲み込まれる脆弱な個人の主観の危うさ、その拠りどころなどなど、本当に様々な社会問題ついて、そしてそれに対峙する個人について考えるきっかけになるので、もっともっと10代、20代、30代の若い世代が劇場に足を運んで観るべき映画だと思いました。



    文・神田

    | 映画・本 | 23:11 | comments(0) | - |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 23:11 | - | - |
      コメント
      コメントする