<< 2018年 あけましておめでとうございます | main |
ブラジル滞在記
0
    皆さまご無沙汰しておりました。。元社員現アルバイトの武田です。久々の投稿となります。

    自分は現在二度目のブラジル・リオデジャネイロ長期滞在の真っ只中です。骨の髄まで冷え込んでいるであろう日本とは違い、ビーチでのんびりできるほど暖かい陽気です。流石裏側と言ったところでしょうか。

    さて、自分が今何をしにブラジルへ来ているかと言いますと、現在こちらのサンバチームの打楽器隊のメンバーに所属しています。ブラジルに何百とあるサンバチームの中でも特に歴史の古いチームに所属しています。目的はそう、あのリオのカーニバルに出場するためです。1チーム4500人ほどが参加するのですが、その中で楽器隊として出れるのはおよそ270人。しかもほぼ現地のブラジル人です。かなり狭き門ですが日本人としての意地を見せて頑張っております。


    大きなチームになると専用の建物を所有しています。自分の所属するチーム、Mangueira (マンゲイラ)も大きな施設を持っています。ここで練習やイベントを行います。早朝までイベントが続くこともよくあることです。

    サンバチームの多くはファベーラというスラムのコミュニティが母体となっています。Mangueiraもその1つです。ファベーラの多くは急斜面の丘にあり、ブロック積みの家が密集して建っています。

    自分は今Mangueiraのファベーラの中にある知り合いの家に居候しています。ここでの生活は日本ではありえない事ばかりです。水は止まるし電気は不安定だし。
    しかし面白いこともあります。家が密集していることもあり、昔の日本の長屋のように、近所の人たちがふらっと家に来てはお喋りをして帰っていく。子供達が来ては遊んでいく。家の人が言ってました。「ここに居るみんなは家族なんだ」と。
    ブラジル人でさえ入りたがらないファベーラの中には大きなコミュニティの絆がありました。そのコミュニティの一員として地域の人々が受け入れてくれた事が何より1番の喜びです。

    ここにはもしかしたら今の日本が失ってしまった大切なものが沢山あるのかもしれません。まだまだブラジルという国、雨が降ればすぐ洪水になるし、盗難強盗はよくある話。仕事を探すのも難しく、路上生活者が町中に居る。それでも皆懸命に生きています。生きることがなんなのかを強く考えさせられている今回の滞在です。

    ここに居れるのも何かの縁です。この縁を大切に残り1ヶ月半の滞在を過ごしていけたらと思います。


    文・武田
    | - | 01:27 | comments(0) | - |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 01:27 | - | - |
      コメント
      コメントする