<< 秋の気配 | main | それからの金坊 >>
噺家の東村山
0

     この秋に、落語協会から新真打3人が誕生します。柳亭こみち、古今亭志ん五、桂三木助の三師匠です。ところで、このうち、柳亭こみち師匠が東村山出身、古今亭志ん五師匠が東村山在住なのです。東村山といえば「志村けん」ばかりが有名でした。いま、「噺家の東村山」なのです!

     東村山市議会はこの快挙を受けて、東村山市営寄席の建設運営を企画。貧乏市の財政をめぐって市民を二分する騒動に進展、街をあげて大騒ぎ・・・ということは、どうも全然ないのですが、それにしてもすごいことです。

     

     柳亭こみち師匠は、2003年2月に柳亭燕路師匠に入門。そのころ私は、柳家小三治師匠門下で燕路師匠の兄弟子に当たる、柳家喜多八師匠を追っかけていまして、三田のお寺の喜多八師定例会に毎月出かけていました。その会に、元気な女性前座が出ていて、珍しいなあと思ったのです。

     2004年10月のこと、東村山の新築のお宅に、造園の打合せにうかがいました。奥様のお父上が、黒澤映画に出演されていた名優で、その血筋なのか、大学を出て出版社に勤めていた娘さんが、噺家の前座修行をしていると伺って、あっ、あの前座さん!!と、この符合にびっくりしました。

     

     

     先日、真打昇進祝いのパーティーにお招きいただき、僭越ながら出席いたしました。400人近い人がお祝いに駆け付け、温かな、いい会でした。入門からはや15年。ついに真打ちです。師匠と呼ばれる立場です。男社会の落語業界の中で、勉強熱心で、何事にも正面から全力で取り組む姿勢が、篤い人望を集めています。その間に、結婚、二子の出産、子育てをしながらの快挙です。お母さん真打は、初めてではないでしょうか。うちにも、お母さん植木屋が一人います。なににせよ、両立は大変なことです。柳派の正統古典落語を、女性目線で演出しています。

     

     ちょうど昨年のいまごろです。剪定作業にうかがった、東村山市内のお宅で奥様が、「うちの義理の息子が噺家なのよ」とおっしゃるので、これまた、たまげました。古今亭志ん五師匠のことです。敷地内に2棟たっている奥のお宅にお住まいだそうで、よく着物で歩いているので、近所で目立つんだとか。夕方、洋服で出てこられましたが、なんとなくふつうの商売にないフラがあるなあと感じました。

     古今亭志ん五師匠は、大学卒業後、2003年2月、先代志ん五師匠に入門。2010年に先代が61歳で死去されて、古今亭志ん橋門下に移籍。そして今回、先代の名を引き継いで、真打昇進です。なんと、わたしの大学の後輩でもありました。古今亭らしい、やわらかで確かな口跡がいいですね。

     

     桂三木助師匠は、祖父が「芝浜」で売った昭和の名人、三代目三木助、叔父が四代目三木助です。イケメンっぷりが、そっくりですね。

     

     それにしても、新真打3人のうち、2人のご実家が、私どものお客さまということも、すごいではないですか。

     

     この3真打昇進襲名披露興行が、まもなく9月21日から、上野鈴本演芸場を皮切りに国立演芸場まで50日開催されます。一般興行とちがって、お披露目があって、華やかな席です。

     どうぞみなさま、お出かけください。

     

    文責・藤本邦彦

    | 落語・演芸 | 20:06 | comments(0) | - |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 20:06 | - | - |
      コメント
      コメントする