CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
外した「虫展」
0

     台風明けの月曜日、乃木坂を目指しました。いえいえ、アイドルの追っかけではありません。田舎者のオヂサンは、どうも都心の西側に行くといまだに緊張してしまいます。

     まずは、イラスト専門のギャラリーとしてトップを独走している青山のピンポイント・ギャラリーにごあいさつ。移転オープンしたばかりで、すばらしい建物になっています。いまは荒井良二展をやってます。社長の西須由紀さんはとても気さくなお人柄。女手一つで創業、いまはお嬢さんをしっかり後継に育てたご様子。ご苦労も多いだろうと思いますが頑張っています。

     青山墓地を通って乃木坂まで歩きました。台風でところどころ墓石を倒している倒木も見受けられます。東村山は大したことがなかったけれど、海沿い、特に千葉県の被害は甚大で、衷心より御見舞い申し上げます。

     私は車で移動することが多いので、移動中ラジオを聴きます。金曜日18時30分は、東京エフエム、ピーター・バラカンさんがいろんなゲストに話を聴く「ライフスタイル・ミュージアム」を楽しみにしています。そこで先月、デザイナーの佐藤卓さんが登場、館長として数年あたためた企画「虫展」を紹介しておられました。「自然はデザインのお手本であり、デザインは自然の模倣にすぎない」ことが本展のテーマ、私どもの仕事もまさに小スケールの自然をどう作るかがテーマであります。これは何が何でも行かねばと思ったのであります。それで柄にもなく、乃木坂なのでありました。東京ミッドタウン内の、21_21デザインサイト。田舎者は足が震える。

     

     

     地下に降りるといきなり、数メーターのゾウムシの足の超拡大模型。側面にはびっしり毛が生えていて、つま先の構造がとても繊細なつくりになっているのに感心。次の部屋は暗室の中で、ゾウムシの巨大画像。重戦車のような硬くでこぼこした質感は迫力でした。

     トビゲラの幼虫は水棲で、いろんな素材でミノムシのような巣を身にまとうのです。その構造を別の物に置き換えて拡大した模型が数点。これは新国立競技場で有名な、隈研吾氏の作品です。

     いちばん興味深かったのは、いろんな虫が飛ぶ、跳ぶ瞬間を集めた画像。甲虫は硬い羽を二つに割って押し上げると、中に折りたたまれた半透明で薄い羽を一瞬で開いて空中に飛翔するのです。カブトムシの重そうな巨体が、薄い羽で軽々と持ち上がるのが驚異的で、数回繰り返し見入っていました。

     監修は、解剖学者で虫屋でもあるかの養老孟司先生。養老語録が会場のあちこちに貼ってある。虫がすごいのは、空を飛び回り、危険を回避し、食べ物を探し出して子孫を残す。それをあのちっぽけな体でやっていることですね。それと形と色と生態の多様性。幼虫から成虫への、信じがたい変容。

     

     とはいえ、とはいえですが、どうもそれほど入り込めなかった。仕事で日常的にであう虫というもの、もっと泥臭くて、痛かったり、かゆかったり、びっくりしたりするものですが、なんだか展示がみな観念的デザインに見えてしまうのです。養老先生の物言いも、「バカの壁」がそうだったように、頭のいい人の上から目線を感じてしまうのです。

     田舎者のひがみでしょうか?あまり楽しめなかった。

     

    文責・藤本邦彦

     

     

     

     

    | 生きもの | 08:05 | comments(0) | - |
    新人ごあいさつと、暑中お見舞い
    0

      暑中お見舞い申し上げます。

       セミの生活史はとても不思議です。

       メスのセミは、キリのような産卵管で枯れ木や樹皮のコルク層に穴をあけて産卵します。翌年の梅雨時に孵化した幼虫は地面に潜ります。地下生活は地上より安全とはいえ、モグラに食べられたり冬虫夏草の菌に寄生されたり試練は様々あります。

       昆虫の中でとりわけ長い幼虫期を土の中で過ごすことが特徴です。アブラゼミで6年前後、アメリカには17年ゼミという種類もいます。長いながい間、木の根の樹液を吸って地中で成長した幼虫は、地表に数ミリの穴をあけると木にはい上がり、暗いうちに羽化して成虫になります。この抜け殻が空蝉(うつせみ)です。古代人は地下から出てくる虫に再生や不死を、空蝉にもののあわれを感じました。

      地上に出たセミは、トリやハチ、子供の捕虫網などをかわしながら、子孫を残すためにあらん限りの声で鳴いて、夏の終わりまでの数週間を懸命に生きるのです。蝉しぐれは盛夏の到来を教えてくれます。

       長い梅雨があけたと思ったら、突然猛暑がやってきました。みなさま体調管理にくれぐれもご留意ください。

       

      Illustration©YU-KO/OGAWA

       

       ところで、宍戸康介(ししどこうすけ)が新人として仲間入りいたしました。

      昨年暮れからのアルバイトでの働きっぷりがなかなか真剣な仕事ぶりでモノになりそうなので、大学の専攻とは異ジャンルではありますが、来てもらうことになりました。たいへん遅ればせながら本人よりご挨拶申し上げます。お引き立てのほどよろしくお願いいたします。

       

       「皆さまはじめまして、4月からアルテ造園に入りました、宍戸康介です。3月までは大学で小学校の教員になるための勉強をしていましたが、植物と植木屋という職業の魅力に惹かれこの世界に入りました。

       さて、アルテ造園に入って約4ヶ月、私は人生で初めての経験をしました。蜂に刺されたのです。今まで刺されたことがなかったのですが1週間で3箇所も刺され、自然界の洗礼を受けました…。もし見つけても、むやみに刺激をしてはいけません!皆さまも蜂の巣には十分気をつけてください!

       職人としても社会人としてもまだまだ半人前ですが、日々精進して参りたいと思います。

      皆さま今後ともよろしくお願い致します」

       

      2019年盛夏 アルテ造園

      藤本邦彦・小川祐子・神田竜平

      森井未央・名和田俊二・宍戸康介

       

      | 生きもの | 20:46 | comments(0) | - |
      初物をいただきました!
      0

         なにしろあっしゃ信州生まれの「ニセ江戸っ子」っすから、初物好きと粗忽についちゃあ人後に落ちない自信があります。ってえわけで、きのうも社内の初陣を切って、初物をいただきました。

         スズメバチに刺されたのです・・・ほぼ毎年私が先頭を切ってやられます。

         池袋近くのお宅のスダジイを剪定していると、頭の上をキイロスズメバチが2匹、小さい円を描きながら上下にホバリングしています。こういう飛び方は、巣が近くにあって警戒している飛び方です。手を休めてよく見ると、手が届く位置に直径15センチくらいの巣があって、働きバチが10匹くらいいます。私はできればハチは殺したくない立場ですが、仕事ができないので仕方がありません。ハチスプレーを取りにおりました。そこで立て続けにケータイが鳴って、電話を2本済ませるとまた仕事に戻りました。さっきの続きの剪定を始めると、なぜか左手中指にスズメバチがとっついているではあーりましぇんか!やられました。

         なにしろあっしゃあ「ニセ江戸っ子」の根っからの粗忽者っすから、3歩もあるくってえと最初の目的を忘れます。電話をしているうちにスプレーを取りに行ったことも、ハチの巣があることもものの見事に忘れきっていたのです。もはや認知症かっ。

         

         

         すぐに木から降りて、インセクト・ポイズン・リムーバーで毒を吸い出しました、これで大丈夫と思っていたら、痛みが続き左手の甲が膨れ上がってきたのでよく見ると、気が付かなかったけど手の甲ももう一か所刺されていた様子です。手遅れです。翌日の今はかなりパンパンになっています。

         

         なにしろあたしゃあ信州生まれの「ニセ江戸っ子」、ガキのころの娯楽といえばハチの巣とりでした。小さいけど彼女らは空を自由に飛び回り、毒針という武器を持っているのです。それに対してこっちは徒手空拳。せいぜい棒っきれをもってそっと巣に近寄るとたたき落として、一目散に逃げるのです。そのとき棒を持ったままいると、刺されるとされた。このスリルがたまりません。ハチは巣の場所をきっちり記憶しています。働きバチは餌をとって、まっすぐ帰巣できるのです。ところが、巣を落としてしまうと50センチ下に巣が落ちていても、もはや認識できないのです。最初はぶんぶんと巣があった周りを飛んでいるけれど、見つけられないとどこかに行ってしまいます。巣がなければ、むやみに恐れることはありません。餌を探したり、蜜を吸っているハチは、捕まえない限り襲ってくることはありません。 騒ぎがおさまったころ巣を回収すると、ハチの子をマチ針で引っ張り出し、フライパンで甘辛炒めにしておやつにしたものです。

         スズメバチは最初、越冬した女王バチが一匹でトックリ型の巣を作ります。卵を数個産んで、働きバチが数匹生まれてくると、丸い大きな巣に作り直します。働きバチはすべてメスで、女王の子供、全員姉妹です。姉妹は協力して巣を拡大、命がけで後から生まれる姉妹を守るのです。

         どうやら私が毎年真っ先に喰われるのは、積年の恨みを感じているからにちがいありません。

         

        文責・藤本邦彦

         

         

         

        | 生きもの | 06:35 | comments(0) | - |
        「ねこ検定」の扉は重かった・・・
        0

            世間は令和で浮かれているってえのに、しょっぱなからつまずきました。

            平成の終わりに受験した「ねこ検定」の合否が、B5の封書で届きました。封筒が大きいからこりゃ大丈夫と自信満々であけてみると、立派な不合格通知がぺらっと入っていました。なんと合格基準の70点に1点届かずの69点で、門戸を閉ざされてしまったのであります!

            新天皇のお祝いで、1点くらいサービスしてよ、主催の日販さんにはかつてしょっちゅう通っていたことがあるんだしとつぶやいてみたものの、どうにもなりません。受験後の自己採点でギリギリ入るかと思っていたんですが、甘かった。やっぱ、勉強不足でした。

            まことに申し訳ありませんでしたと、椅子の上で香箱すわりしてくつろぐ金坊に土下座してみたものの、猫キックを加えるまでもなく、ただひとあくびして無視されてしまいました。

           

           

            それにしても、設問がマニアックすぎませんか。たとえば「クイーン」のボーカル,フレディー・マーキュリーのラストアルバム収録曲のタイトルになった、愛猫の名前は何か?なんて、かなり時事ネタではあるけど、「デライラ」だったなんてまったく知りませんでした。フレディは大のねこ好きで常に多頭飼いしていて、デライラの動画が残っているくらいです。クイーンはドンピシャ世代だったけど、そんなに聴いてなかったしなあ。

            言い訳しだすときりがありません。

            ねこ検定中級の肩書を名乗りたかっただけなのに、きっちり拒否されてしまいました。

            資格試験なんてなんでもそうだけど、資格はただの一定のお墨付きに過ぎないのです。それよか、大事なことは、観察眼とねこへの愛なのです。愛があればねこのこともわかるし、それだけでいいのだよと金坊に言い聞かせながらだっこすると、こんだぁ腕を噛みつかれました。

           

          文責・藤本邦彦

          | 生きもの | 06:47 | comments(0) | - |
          「ねこ検定中級」を受けるぞ!
          0

             先日、某コンビニの書棚を見たら「ねこ検定」なるパンフが目につきました。

             私は、ねこ好きです。うちには「金坊」という赤ねこがいます。うむむとうなって調べてみると、今年でもう3回目、初級・中級・上級の3段階があり、4択マークシート100問、70%正解で合格。設問は「猫の生態」「猫の暮らし」「猫の歴史」「猫と文化」と広範なのです。

             まだ「生態」くらいはなんとかなりそうな気がする。しかし「暮らし」になると、病気の知識が求められる。「歴史」に至っては、猫の品種なんかが出てくる。うちの金坊は、雑種の保護ネコなので、血統やら品種なんて無縁なので、まったくわかりません。「文化」がまた、特に難しい。猫の短編アンソロジーは何冊か読んでいるものの、「260万枚の大ヒット曲、皆川おさむの『黒猫のタンゴ』は何年の発売か?」なんて設問は、想定外です。

             しかしながら、このままではただのねこ好き、とんだ「銀流し野郎じゃねえか」と言われそうで、忸怩たる思いがしたのであります。ちなみに「銀流し」というのは昔の安上がりなメッキで、すぐにはがれて地がでちまう半端者という意味です。

             

             

             金坊のためにも、もっとねこの科学的な知識を身に着けていたいものです。

             試験日は3月24日で、あと1ヶ月しか残されていません。いまから勉強が間に合うのかとても不安なのですが、2月22日ねこの日に、受験申し込みをしました。上級は、中級に合格しないと受験資格がないので、背伸びしていきなり中級受験に挑みます。

             結果発表は5月です。

             ここでよい結果をご報告できますよう、せいぜい頑張ってみます。

             

             

            文責・藤本邦彦

             

             

            | 生きもの | 19:09 | comments(0) | - |
            | 1/8PAGES | >>