木の花小路
0
    今日は二十四節気では穀雨にあたるそうです。春の温かい雨がいろいろな穀物を潤す時季になります。乾いた土に雨が浸みていき、若い根がそれをつかまえるように吸い上げ、人が深呼吸をして体全体に空気を入れるように植物も自分の頭のてっぺんから葉の先々まで水や空気や養分を行き渡らせているのでしょう。芽から次の葉が生まれ、蕾がどんどん膨らんで成長していくのが見て取れます。

    最近は訳あって、よく知らない道を歩いて移動することが多いのですが、長い距離を歩いていると、どうしても途中で座ってひと休みしたくなるのです。疲れてきてからベンチのあるところを見つけようと思っても、なかなかたどり着けないことが多く、案外道にあるベンチは少ないのだなと感じていました。
    そんな中、この間武蔵野市を歩いていて感動したのは住宅地にある小さな公園がとても沢山あるということです。そして気になるすてきな公園を見つけました。
    成蹊大学の近くにある「木の花小路公園(このはなこうじこうえん)」です。ここの近くにはかくれみの公園やすずかけ小路公園もあります。それぞれその道の街路樹が名前の由来となっており、木の花というのはサクラの別名から名付けられたそうです。
    こちらの公園は里山をイメージしてつくられているようで、色々な種類の木や山野草などが沢山植えられています。また水辺もつくられており、進んでいくと水の流れる音が響きわたってひんやりと澄んだ空気を感じました。
    今はオトコヨウゾメの可愛らしい花やミヤコワスレ、モミジイチゴやタイツリソウなどが瑞々しく咲き始めていました。
    そろそろ芽が出てきそうなネムノキや見頃を迎えそうなハナショウブやウツギ類も沢山ありました。管理されてる方々が楽しんで大事に育まれているのが伝わってくる公園です。
    街中から一歩足をを踏み入れると、ちょっと遠く山の方に遊びにきたような、気持ちがすっきりと癒されたのでした。

    森井
    | 歳時記 | 20:12 | comments(0) | - |
    あけましておめでとうございます
    0


      あけましておめでとうございます。

      写真はウメモドキの赤い実です。
      ほかにも、植物の赤い実は、いろいろとありますね。

      赤い実のつく正月の縁起木に、万両、千両があります。通り名で、下の位の木もあります。百両がカラタチバナ、十両がヤブコウジ、一両にアリドオシという低木をあてます。だんだん、木の丈が小さくなります。
      植物の実が赤くなるのは、動物に食べごろだよと、教えるためです。自分で動けない植物は、鳥などに実を食べさせて、種を遠くにまいてもらうのです。われわれが、赤い実にこころ踊るのは、採集民だった縄文人の記憶が呼び覚まされるからなのでしょう。赤い実は、豊穣のシンボルです。
      日本人は語呂合わせが好きで、「千両、万両、ありどおし」と、三本の寄せ植えで、新しい年の景気づけをしました。あやかりまして、本年も皆さまに、「良いこと」が「ありどおし」でありますように、ご祈念いたします。
       

      2016年元旦
      アルテ造園 
      藤本邦彦・小川祐子・神田竜平・武田康宏・森井未央

       
      | 歳時記 | 12:11 | comments(0) | - |
      暑中お見舞い申し上げます
      0
        暑中、お見舞い申し上げます。
         
        『底紅の一花のいのちみづみづし』佐藤国夫氏 
                   馬酔木初出 二〇〇一



         底紅(そこべに)」は、ムクゲの花の真ん中に、鮮やかな赤の絞りが入った色のことです。千家中興の祖、千宗旦が好んだ白地一重の底紅「宗旦ムクゲ」は夏の茶花です。ムクゲは七月から十月まで、長く花が楽しめます。花色も白、赤、青、紫にそれぞれの底紅、八重咲など、数十品種があります。夏の花のイメージですが、季語では初秋の扱いになります。
         大きく五裂した花弁の先は重なり合って大きく広がって、根元で一体になります。花弁とガクの間に大量の蜜が蓄えられていて、花弁の付け根の手前に数ミリの隙間が空いています。この隙間は、ハチが頭を突っ込んで蜜を吸うためのものです。花弁をガクから抜き取って付け根をなめてみると、とっても甘いのに驚きます。
         底紅はこの周囲が赤く染まっていて、蜜源があるよと、ハチを誘っているのです。花弁の真ん中には、しべが数センチ立ち上がり、柱頭にめしべが、周囲はおしべがぐるりと囲みます。ハチは、しべにしがみついて、花粉まみれになる仕組みなのです。
         
         関東は、梅雨明けいたしました。
         暑い日が続きます。どうぞ、ご自愛ください。
         

            二〇一五年盛夏アルテ造園 
            藤本邦彦・小川祐子・神田竜平
            ・武田康宏・森井未央

                                 

         
        | 歳時記 | 12:33 | comments(0) | - |
        植物季節
        0


           三鷹市の児童公園のまんなかに、でっかいネムノキが満開でした。ほとんど剪定されていない、自然樹形の美しい木です。芝生は落ちた花がらで埋め尽くされ、あいだをぬってムクドリがかけまわっていました。ネムノキを見ると「ペンネンネンネンネネム」を思い出します。やっぱり、宮沢賢治は語感の天才だったなあと、感心するのです。
           それにしてもまだ、6月初め。ネムノキは夏の花なので、ちょっと早いような気がします。キョウチクトウや、タチアオイも満開ですね。アジサイも、今年はきれいに咲いています。その割には、ムクゲはまだつぼみも見えない。早いと5月から咲いているアベリアが、今年はまだ花を見ていません。
           植物の発生や、開花、結実などで季節を知ることを「植物季節」といいます。ちょっとずれているなあと、このごろ感じます。
          文責・藤本邦彦

           
          | 歳時記 | 06:34 | comments(0) | - |
          春日和
          0

            わたしはまだまだ、名前の知らない木や花が多いです。
            早くいろんな植物を覚えたいなと思っているのですが、カタカナの長い名前なんかはなかなか入ってきません。それでも昔よりは覚えたものが増えたかな?と思っています。

            外を歩いていると、
            いろんな木や花を目にします。
            知ったものが増えてくると、
            名前がわかって、これからこんな風になっていくんだよな〜と想像したりして、なんだか仲間が増えたみたいな気がして嬉しく、楽しいです。

            季節が変わるのは早いもので、
            こないだまで、寒くて寒くて布団にくるまってるような生活が続いていたかと思うと、今年もちゃんと桜が咲いて、散り始めたかと思うと小さい新しい芽が桜の花びらの中からだんだんと目立つようになり、今頃は葉っぱが茂って風にゆらゆら吹かれています。人も羽織るものが薄くなってきましたね。
            外をのんびりと寄り道しながら歩きたい季節になってきました。

            寒い冬の間は、白っぽいような、薄茶色や灰色、ひっそりと静かな景色も
            春になるにつれて、明るいお日さまの色、黄緑、黄色や淡いピンク、桃色、濃い緑、空の水色、たくさんの色がちょっとずつちょっとずつ日毎に増えていきました。そんな変化が毎日続いているということが今年はとても実感できました。
            「ああ、春だなぁ」日向に座っていつまででもぼぉーっとしていられそうです。が、
            ぼぉーっとしてばかりはいられず、
            わたしも春の木々のように日毎に少しずつ成長していきたいものです。

            文・森井












            | 歳時記 | 21:28 | comments(0) | - |
            | 1/2PAGES | >>