CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
暑中お見舞い申し上げます
0

    遅ればせながら暑中お見舞い申し上げます。

     

     ユリは香り高く気品のある花が世界中で愛される、聖なる植物です。

    西洋では特に白いユリがマドンナリリーと言われ、キリスト教の聖母マリアの純潔のシンボルとされます。受胎告知は、大天使ガブリエルがユリの花を携えて神の子のご懐妊をマリアに知らせるシーンで、中近世宗教画の主要モチーフとしてレオナルド・ダ・ヴィンチ、エル・グレコなど名だたる画家たちがこぞって作品を残しています。

     

    illustration©Misato.S

     

     日本ではユリの原種が十数種類あり、アイヌの伝説や古事記、万葉集にも登場する古来から親しまれた花で、仲夏の季語です。

     アイヌの伝説はすこし哀しい話です。かつて十勝のある酋長の家に、雪神の白羽の矢が立った。村の災厄を免れるため仕方なく、酋長は自分の愛娘を生贄に捧げるしかなくなった。雪原を悄然とひとり歩く娘を、婚約者がさらって逃げようとしたが、迫る追っ手に二人で自害してしまった。そのあとには、白いヤマユリがぽつんと咲くようになった。村人たちは二人が天国で結ばれてその魂がユリになったのだと噂をした。

     いっぽう奈良市率川神社では毎年6月に三枝祭、別名ユリ祭りが開催されます。神武天皇と神社の主祭神である皇后の出あいを象徴する三輪山のササユリを酒樽に生けて巫女が神楽を舞い神前に奉納します。今年は残念ながら中止された様子です。

     

     長かった梅雨がやっと終わりましたが、暦ではまもなく立秋ですね。しかしこれからが猛暑だといわれます。みなさまどうぞ、ご自愛のほどお願いいたします。

     

     コロナ禍の中ですが、私どもは少人数の外仕事ですので通常営業しております。

     ご用命をお待ちしております。

     

    2020年盛夏

    アルテ造園

    藤本邦彦・神田竜平・森井未央・名和田俊二・宍戸康介・笹隈美里

     

    | 歳時記 | 21:12 | comments(0) | - |
    木の花小路
    0
      今日は二十四節気では穀雨にあたるそうです。春の温かい雨がいろいろな穀物を潤す時季になります。乾いた土に雨が浸みていき、若い根がそれをつかまえるように吸い上げ、人が深呼吸をして体全体に空気を入れるように植物も自分の頭のてっぺんから葉の先々まで水や空気や養分を行き渡らせているのでしょう。芽から次の葉が生まれ、蕾がどんどん膨らんで成長していくのが見て取れます。

      最近は訳あって、よく知らない道を歩いて移動することが多いのですが、長い距離を歩いていると、どうしても途中で座ってひと休みしたくなるのです。疲れてきてからベンチのあるところを見つけようと思っても、なかなかたどり着けないことが多く、案外道にあるベンチは少ないのだなと感じていました。
      そんな中、この間武蔵野市を歩いていて感動したのは住宅地にある小さな公園がとても沢山あるということです。そして気になるすてきな公園を見つけました。
      成蹊大学の近くにある「木の花小路公園(このはなこうじこうえん)」です。ここの近くにはかくれみの公園やすずかけ小路公園もあります。それぞれその道の街路樹が名前の由来となっており、木の花というのはサクラの別名から名付けられたそうです。
      こちらの公園は里山をイメージしてつくられているようで、色々な種類の木や山野草などが沢山植えられています。また水辺もつくられており、進んでいくと水の流れる音が響きわたってひんやりと澄んだ空気を感じました。
      今はオトコヨウゾメの可愛らしい花やミヤコワスレ、モミジイチゴやタイツリソウなどが瑞々しく咲き始めていました。
      そろそろ芽が出てきそうなネムノキや見頃を迎えそうなハナショウブやウツギ類も沢山ありました。管理されてる方々が楽しんで大事に育まれているのが伝わってくる公園です。
      街中から一歩足をを踏み入れると、ちょっと遠く山の方に遊びにきたような、気持ちがすっきりと癒されたのでした。

      森井
      | 歳時記 | 20:12 | comments(0) | - |
      あけましておめでとうございます
      0


        あけましておめでとうございます。

        写真はウメモドキの赤い実です。
        ほかにも、植物の赤い実は、いろいろとありますね。

        赤い実のつく正月の縁起木に、万両、千両があります。通り名で、下の位の木もあります。百両がカラタチバナ、十両がヤブコウジ、一両にアリドオシという低木をあてます。だんだん、木の丈が小さくなります。
        植物の実が赤くなるのは、動物に食べごろだよと、教えるためです。自分で動けない植物は、鳥などに実を食べさせて、種を遠くにまいてもらうのです。われわれが、赤い実にこころ踊るのは、採集民だった縄文人の記憶が呼び覚まされるからなのでしょう。赤い実は、豊穣のシンボルです。
        日本人は語呂合わせが好きで、「千両、万両、ありどおし」と、三本の寄せ植えで、新しい年の景気づけをしました。あやかりまして、本年も皆さまに、「良いこと」が「ありどおし」でありますように、ご祈念いたします。
         

        2016年元旦
        アルテ造園 
        藤本邦彦・小川祐子・神田竜平・武田康宏・森井未央

         
        | 歳時記 | 12:11 | comments(0) | - |
        暑中お見舞い申し上げます
        0
          暑中、お見舞い申し上げます。
           
          『底紅の一花のいのちみづみづし』佐藤国夫氏 
                     馬酔木初出 二〇〇一



           底紅(そこべに)」は、ムクゲの花の真ん中に、鮮やかな赤の絞りが入った色のことです。千家中興の祖、千宗旦が好んだ白地一重の底紅「宗旦ムクゲ」は夏の茶花です。ムクゲは七月から十月まで、長く花が楽しめます。花色も白、赤、青、紫にそれぞれの底紅、八重咲など、数十品種があります。夏の花のイメージですが、季語では初秋の扱いになります。
           大きく五裂した花弁の先は重なり合って大きく広がって、根元で一体になります。花弁とガクの間に大量の蜜が蓄えられていて、花弁の付け根の手前に数ミリの隙間が空いています。この隙間は、ハチが頭を突っ込んで蜜を吸うためのものです。花弁をガクから抜き取って付け根をなめてみると、とっても甘いのに驚きます。
           底紅はこの周囲が赤く染まっていて、蜜源があるよと、ハチを誘っているのです。花弁の真ん中には、しべが数センチ立ち上がり、柱頭にめしべが、周囲はおしべがぐるりと囲みます。ハチは、しべにしがみついて、花粉まみれになる仕組みなのです。
           
           関東は、梅雨明けいたしました。
           暑い日が続きます。どうぞ、ご自愛ください。
           

              二〇一五年盛夏アルテ造園 
              藤本邦彦・小川祐子・神田竜平
              ・武田康宏・森井未央

                                   

           
          | 歳時記 | 12:33 | comments(0) | - |
          植物季節
          0


             三鷹市の児童公園のまんなかに、でっかいネムノキが満開でした。ほとんど剪定されていない、自然樹形の美しい木です。芝生は落ちた花がらで埋め尽くされ、あいだをぬってムクドリがかけまわっていました。ネムノキを見ると「ペンネンネンネンネネム」を思い出します。やっぱり、宮沢賢治は語感の天才だったなあと、感心するのです。
             それにしてもまだ、6月初め。ネムノキは夏の花なので、ちょっと早いような気がします。キョウチクトウや、タチアオイも満開ですね。アジサイも、今年はきれいに咲いています。その割には、ムクゲはまだつぼみも見えない。早いと5月から咲いているアベリアが、今年はまだ花を見ていません。
             植物の発生や、開花、結実などで季節を知ることを「植物季節」といいます。ちょっとずれているなあと、このごろ感じます。
            文責・藤本邦彦

             
            | 歳時記 | 06:34 | comments(0) | - |
            | 1/2PAGES | >>