1月の虫たち
0

     昨年の秋のこと、写真家長島有里枝さんから、庭のカキノキにまるまる太ったイラガの大群がいるから助けて!とSOSが入りました。

     イラガ蛾の幼虫は、広食性でいろんな木に付きますが、特にカキなど果樹、モミジなどが大好物です。たぶん葉っぱの糖質が多いのではないかと思います。

     イラガの幼虫は20〜30ミリ。きれいな黄緑を基調に、縦ラインが入っておしゃれです。からだ中とげとげの突起があって丸っこく、金平糖のようにも見えて、なかなか可愛いのです。ところがどっこい、触ると大変です。動物除けの畑の高圧電流に触ったことがありますか?まさにあの衝撃が走ります。ミニスタンガンとでもいうべきか。もっともスタンガンは経験がないのでわかりません。ぼこぼこの突起の先に針があって、さわると突起内の毒腺から毒液を注入するのです。ハチと同じですね。チャドクガは、肉眼で見えない毒針を散布するので近づくのも危険なのに比べ、こっちは触らなければ大丈夫なのでまだ対処しやすいのです。

     誤解されやすいですが、スミレなどを食べる、やはりとげとげの突起のあるもっと長細くてカラフルな芋虫がいます。これはイラガを擬態したタテハチョウの幼虫で、無害です。

     

     

     十種類ほどの一部は、写真のような茶色と白のマーブル模様、楕円形で20ミリ前後のまゆを枝の又や幹にくっつけて、中で成虫の蛾になります。まゆで越冬して春になると、まゆの頭の丸い穴をあけて蛾が出てきます。これはカエデの小枝についていました。まゆの模様は二つと同じものがなく、とってもきれいです。長島邸は、手で捕獲するつもりで厚手のゴム手袋を用意して一週間後に駆けつけたところ、一匹もいないのです。まゆの一個もありません。どうやら地面に潜って成虫になるタイプのイラガで、すでにみな潜ってしまった後だったみたいです。

     

     

     もう一つ、これはクリの木の枝です。直径3,4ミリの黒びかりした楕円形のものがびっしりくっついています。数千個ありそうですね。つぶすとこげ茶の水が出て、甘いコールタールのようなにおいがします。どうやらなにかの卵です。

     

     

     もしやと思ってよく見ると、いました。やはり黒のしもぶくれのまるっと太った腹に長い脚。クリオオアブラムシの幼虫です。5ミリ前後もあってアブラムシの横綱、小型のクモのようにも見えます。足が長いので動きも早い。いかにも凶悪そうな面構えではないですか。名前の通り、クリのほか、クヌギやカシ類につく害虫です。葉っぱではなく、枝や幹にたかっています。

     

     

     アブラムシ類は、繁殖に特化した生態です。卵から春孵化する幼虫は原則メスのみです。(写真の様に1月ですでに孵化している奴もいますが)二齢幼虫のまま胎生で無性生殖の卵を宿し、幼虫を産み始めます。そうして爆発的に数を増やすのです。ほとんどの幼虫は2齢のまま終わります。一部は、牙をもった兵隊アブラムシというガードマン役も出てきます。秋になると、ごく一部オスが生まれ、有翅の成虫メスと交尾すると、メスは新しい産卵する木の幹を探して飛び立つのです。

     この卵がいっせいに孵化した時の絵を想像すると、めまいがして木から落ちそうでした。

     

    文責・藤本邦彦

     

     

    | 生きもの | 13:55 | comments(0) | - |
    あけましておめでとうございます
    0

       落語「二番煎じ」には、凍てつく晩に酒を酌み交わして猪肉の鍋を囲む場面が出てきます。古今亭志ん朝師の名演を聞いたらどうしても猪肉を食べてみたくなり、試してみました。これがうまい!味噌が合います。豚より脂が少なく味が濃い。当時猪肉は、滋養強壮の薬膳でした。

       

      志ん朝師匠「二番煎じ」はこちら

      https://www.youtube.com/watch?v=fORe2uwByns

       

       猪肉を牡丹、馬肉を桜、鹿肉を紅葉、鶏肉を柏というのは肉食がご法度だった江戸時代の、植物になぞらえた隠語です。

       

       

      ⒸYu-ko.Ogawa

       

       

       

       花札の猪は、7月の萩に描かれています。万葉びとに愛されたたおやかで美しい萩とその枝の下をねぐらにする勇猛な動物という対比を描いた、日本画の画題でした。うり坊はかわいいですね。猪は子沢山で縁起のいい動物とされます。

       

       

       本年も皆様に縁起の良いことがたくさんになりますよう、ご祈念いたします。

       

      2019年元旦

      | 生きもの | 16:34 | comments(0) | - |
      赤ちゃんの成長
      0
        現在育児休業中の森井です。 今年の6月に無事に女の子を出産し、今は初めての子育てに日々奮闘しつつ、赤ちゃん中心の毎日を過ごしています。
        先日無事に生後6ヶ月を迎えました。 最近は寝返りができるようになり、脚力や腕力、腹筋もついてきたようで、右を向いたり左を向いたり時計の針の様にぐるぐると動ける様になりました。フローリングの床に敷いた70×120サイズのベビー布団から外にすぐ転がってしまう様になり、寝返りをしては頭をゴツン、足でバンバンと床を鳴らしてます。少し遠くにあるおもちゃを、手を目一杯伸ばして取ろうとするようにもなりました。産まれた頃はこの布団で『ちょこん』というように寝ていたのが、もうすでに懐かしいです。
        脚力も強くなり、両わきを支えて立たせるとピョンピョン跳ねます。私のお腹の上でそれをやると、ぐぅ〜っとお腹を踏み込むのでやるのが辛くなってきました。 また、泣き声の他にも大きい声が出せるようになってきて、 『うあーーぁーーきゃあーーーわーー』 などと高い声で、にんまり笑いながら気持ちよさそうに叫びます。ストレス発散をしているのか何なのか。赤ちゃんてこんな大きな声を出すのかとびっくりでした。
        そしてある晩から急に夜泣きが始まってしまいました。おむつ替えをしても授乳をしても抱っこをしても何をしても泣き止まず、自身は睡魔で崩れ落ちそうでしたが、赤ちゃんはこれまでに無いほどの激しい泣きっぷりで、どうしようもなくて困り果てました。これが世に言う「夜泣き」かと思い知らされました。その日は最後どうやって眠りについたか覚えていません。
        我が子との暮らしが始まって半年。まだまだ試行錯誤で大変な日もありますが、新たな発見や成長の連続、この時間をありがたく大事にして過ごしたいと思います。 次は「おすわり」、いつどんな風にできるようになるのか楽しみです。 文・森井
        | その他 | 07:11 | comments(0) | - |
        長島有里枝さん企画展
        0

           秋分の日はきらいだ。

           秋分の日はご存知のように、昼夜の時間がほぼ同じになる日で、冬至にむけてどんどん日が短くなっていくのです。太陽が真東から昇り、真西に沈む。古代の太陽信仰のころからの、自然崇拝から始まっています。真西の彼方に西方浄土があるとされ、秋分の日には浄土の門が開くとされた。それらがすべて習合して、祖先を敬い亡くなった人をしのぶ日とされています。

           それはともかくとして、お盆を過ぎると急に日暮れが早くなるような気がしているのに、秋分を過ぎると、一気に加速してまさにつるべ落とし、どんどん日が短くなっていくのです。気温はちょうどいいけれど、秋雨前線が停滞して、台風も多い。今年の台風は特に大変でしたね。

           明るいあいだ一日外で仕事をしていますと、日の長さ、雨風、気温はとくに気になります。それで、秋分の日を過ぎると、冬至に向けてなんだかだんだん憂鬱になってくるのです。仕事はどんどん詰まってくるし。春分の日は逆になんだかうれしいなあ

           

           

           そんな冬に向かう時期に、見逃せない展覧会のご案内です。

          東京都練馬区の「ちひろ美術館・東京」の企画展 11/3〜来年1月いっぱいの会期です。月曜と年末休館。

          いわさきちひろさんの生誕100年を記念した特別企画、ちひろさんと長島有里枝さんのコラボレーション展です。

          「作家で、母で 作る そだてる」 がお二人の共通テーマです。

           「つくり続けることの強さとやわらかさー記憶や身近な人との関係性を手掛かりに、自身のライフヒストリーや社会の陰に隠れてきた女性の創造性に光をあてる作品を制作してきた長島有里枝。その視点はいわさきちひろの作品と響きあいます。女性に課せられる規範と折り合いをつけながら表現をおこなう二人の生き方が交差します」

           長島有里枝さんは、わたしどものお客様さまです。長島邸に伺うと、高校生のご子息との落語談義が楽しみです。わたしどものような植木屋風情に、いつもたいへん実直に接してくださいます。作家として、母として、女性として、とっても魅力的な方ですが、それ以上に人としての真摯な生き方に感服します。

           会期が長いので、ご都合をつけてぜひいらしてください。

           

          文責・藤本邦彦

           

           

           

           

          | 美術 | 19:47 | comments(0) | - |
          猛暑はおさまり、秋が来ました。
          0

             

             このところの天変地異はすさまじいものがありますね。もしかしたら、たいへんな時期にさしかかっているのでしょうか?西の台風被害、北の大地震と、被災された方々にはお見舞い申し上げます。

             永遠に秋なんか来ないのではと思われた猛暑はやっと収まってきました。日中25度を超えると、樹影の濃いところではまだセミがかすかに鳴いているけれど、日が暮れるとコウロギの声が8階の窓からでもはっきり聞こえます。季節は確実に秋に入ってきました。自然の流れは驚くべきものです。人間の営みなんてちっぽけですね。

             日本では、そのちっぽけなお山の大将を決める決戦が始まっています。私は残念ながら投票資格がないけれど、防災相を創設すべしという石破茂氏の提言に注目しています。大賛成です。

             多くの方に叱られそうですが、東京は近いうちに大地震の危険性があるからという理由で今からでも遅くない、東京オリンピックは辞退すべきだと思います。まさに防災や、復興に金を投じるべきだと思うのです。それこそが正しい国防ではないのかと。

             

             この場にふさわしくない話題はこれくらいにして、蚊が元気になってきました。先に書きましたが猛暑と水不足でとても少なかったのですが、このところの降雨と適温で水を得たボウフラ状態になってきたのです。奴らは子孫を残すのが今しかないと焦っています。蚊をなめてはいけません。人間の死亡原因になる生物の第一位が蚊なのです。そういえば、うちからほど近い横田基地周辺も「オス」のばかでかい蚊が飛び始めました。かまびすしいことです。

             

             今年の夏の花が、ちょっと様子が変でした。

             ノウゼンカズラは、梅雨明け前から咲き始めた。歳時記では晩夏の扱いです。夏の花がみな早いのかと思っていたら、サルスベリは咲き始めが遅くて7月下旬からやっとって感じでした。うちの隣の保育園に、濃い赤の私の好きなサルスベリがあります。これがいっかな咲かなかった。うちの剪定が悪かったかと焦っていたら、お盆過ぎからやっと咲き始めました。写真がそれです。

             

             

             サルスベリは漢字で百日紅と書きます。つまり、3か月咲き続けるという意味です。ってえことは12月初めまで咲きそうな気がします。歳時記では仲夏の花です。

             ムクゲは例年うるさいくらい咲くのに今年はやはり咲き出しが遅く、しかも出し惜しみして少しづつ咲いている感じがします。夏のイメージですが歳時記では初秋の花です。

             

             

             きょう除草をしていると、とてもかわいい花が目につきました。イヌフグリのような薄い紫の漏斗状数ミリのごく小さな花で、地面を這っています。地味だけどこれに覆われたらいいなあと残しました。アゼナ科の一年草でウリクサです。実がマクワウリに似ているんだとか。秋の雑草です。園芸店で近縁のサギゴケが売られていることがあります。サギゴケのほうがやはり花つきが良く見栄えがするけれど、きょうはウリクサに惚れたな。

             ってな初秋でありました

             

             

            文責・藤本邦彦

             

            | 植物 | 07:54 | comments(0) | - |
            | 1/32PAGES | >>